/

この記事は会員限定です

ドイツとオーストリア、「反ナチス」でも極右が台頭

欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

第2次大戦中、ナチスが支配した「第三帝国」。その中核国だったドイツとオーストリアで極右勢力の躍進ぶりが目立つ。ドイツの総選挙や、両国で相次いだ地方選に続き、15日のオーストリアの国民議会(下院)選でも極右政党が票を集めた。戦後は「反ナチス」を国是としていたにもかかわらず、なぜ極右勢力が両国で復権したのか。底流には変質した欧州社会の姿がある。

ナチス想起させるフレーズ連呼

一連の選挙戦で恐ろしい実態が見えてきた。ナチス時代のスロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン