2017年12月14日(木)

アザややけど目立たなくする化粧品、資生堂
がん患者などのQOL向上支援

サービス・食品
2017/10/13 13:32
保存
共有
印刷
その他

 資生堂は13日、傷痕やアザを目立たなくする化粧品「パーフェクトカバー ファンデーション MVシリーズ」を21日に発売すると発表した。がん治療の副作用による肌のくすみや、やけどによる肌の凹凸などに悩む人の生活の質(QOL)の向上をサポートする。カウンセリングスペースのある資生堂の化粧品販売店や契約医療機関など全国約440カ所で販売する。

資生堂の「パーフェクトカバー ファンデーション MVシリーズ」

 部分用ファンデーション7色(容量は各20グラム、想定価格は各3780円)、メーキャップパウダー1色(同10グラム、3780円)、クレンジング1種(同180ミリリットル、2160円)をそろえる。

 ファンデーションは青、赤、茶など、アザの色味に合わせて最適の色を選べる。汗や水に強く、衣服にも付着しにくい。顔のほかに、首筋や背中などにも使用可能だ。

 資生堂は1995年に「パーフェクトカバー ファンデーション」シリーズの第1弾を発売。今回は同シリーズで初のリニューアルとなる。

 既存のファンデーションは、肌色補正や凹凸補正などの機能ごとに商品化していたが、新商品は1個のファンデーションに機能を集約。「やけどによる凹凸と赤みの両方を目立たなくしたい」といった複合的な肌の悩みにも応えられるようにした。クレンジングも追加した。

 同日、記者会見したライフクオリティービューティーグループの橋本謙二グループマネージャーは「カバーメーキャップは社会的に意義ある活動で、資生堂にしかできないという自負で続けてきた」と強調。「前向きにいきいきと生きていきたい世界中の人々に、心から笑顔になってもらう、お手伝いをしていきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報