2017年12月16日(土)

遺体は奈良の35歳女性 広島・呉で発見の遺棄事件

2017/10/13 13:30
保存
共有
印刷
その他

 奈良県警捜査1課は13日、広島県呉市の住宅から12日に見つかった遺体の身元は司法解剖の結果、奈良県斑鳩町龍田4、飲食店の女性店員、田島友美さん(35)と判明したと明らかにした。死因は特定できなかった。

 県警は死体遺棄容疑で逮捕した知人の飲食店店長、染井俊一容疑者(37)=広島県福山市=を13日に送検。死亡の経緯を調べる。

 捜査1課によると、遺体はポリ袋などに入れられた状態で、着衣の乱れはなかった。染井容疑者は2年前まで奈良県内の飲食店で店長として勤務。田島さんも同じ店舗で働いていた。

 田島さんの夫が今月5日に奈良県警西和署へ行方不明を届け出たのを受け、県警は染井容疑者が4日午前に同県大和郡山市の路上で田島さんと会っていたことを確認。広島県に戻っていた染井容疑者から事情を聴き、呉市の親戚宅に遺棄したと説明した通り12日に遺体が見つかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

田島友美染井俊一捜査一課奈良県警



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報