2018年8月20日(月)

「辞任しないし、クビにもならない」 米大統領首席補佐官が確執否定

2017/10/13 10:19
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=芦塚智子】ケリー米大統領首席補佐官が12日、ホワイトハウスの定例記者会見に飛び入りし「状況が変わらない限り、私は辞任しないし、クビにもならない」と述べた。一部の米メディアが報じていたトランプ大統領との確執や更迭説を否定した。

 ケリー氏はトランプ氏について「決断力があり、非常に思慮深い人物」と称賛。トランプ氏のツイッターでの発言が首席補佐官の仕事を困難にしているのではないかとの質問にも「ノー」と否定した。「私は(トランプ氏を)コントロールするために起用されたのではない」と強調した。

 「私が熟考していて、それがいら立ったり怒ったりしているように見える写真をいつも撮られる」とも釈明した。

 トランプ政権では今月初めにも、ティラーソン国務長官がトランプ氏を「ばか」と呼んだとの報道を否定するため緊急の記者会見を開いており、内紛報道の火消しに躍起になっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報