2017年12月14日(木)

マレーシア、在北朝鮮大使館を閉鎖へ 
アニファ外相が表明

東南アジア
2017/10/12 23:30
保存
共有
印刷
その他

 【シンガポール=中野貴司】マレーシアは北朝鮮の平壌にある大使館を閉鎖する方針を固めた。複数の地元メディアによると、アニファ外相が表明した。マレーシアは2月、同国内で起きた金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件を機に、北朝鮮との関係が悪化。一時は平壌駐在の大使館員が帰国できない事態に陥った。その後、外交関係の縮小を進めており、今回もその一環だ。

 アニファ外相は12日の講演で、近く在北朝鮮大使館閉鎖の手続きを進め、機能を北京にある大使館に移管する方針を明らかにした。安全確保のため帰国させた大使館員を再び北朝鮮に送るのは妥当ではないと指摘した。金正男氏の殺害事件後、マレーシアは北朝鮮が事実上運営していたクアラルンプール中心部のレストランも閉鎖させた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

マレーシア政府金正男北朝鮮マレーシア大使館



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報