2018年6月23日(土)

6/23 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]
  2. 2位: 破綻した日本海洋掘削の市川社長「市況読み誤った」
  3. 3位: ワールドが再上場 MBOから13年、経営再建にメド[有料会員限定]
  4. 4位: 弱気相場入りした上海株 貿易摩擦懸念、IPO熱気冷め[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 反落、米景気に警戒感 13週平均が下支え
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,579,780億円
  • 東証2部 100,669億円
  • ジャスダック 109,121億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.64倍15.06倍
株式益回り6.83%6.63%
配当利回り1.61% 1.65%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

スクランブル

フォローする

「じり高」秘めた持久力 緩やかな買い、割安感保つ
証券部 嶋田有

2017/10/12 22:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本株が「じり高相場」の様相を強めている。約21年ぶりの高値を更新した前日に続き、12日の日経平均は73円高で8日続伸となった。この間の上昇率はわずか3%にとどまり、盛り上がりに欠けるように見えなくもない。だが実は、この「緩い株高」こそが一時の熱狂ではない息の長い相場上昇への可能性を秘めているのだ。

 日経平均が8日続伸した間の上昇幅は600円弱にとどまり、1営業日あたりだと約75円にすぎない。相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム