/

この記事は会員限定です

九州・沖縄小売業、6社中5社経常損益悪化 人手不足で人件費高騰

3~8月、値下げ競争でも明暗

[有料会員限定]

九州・沖縄の主要な小売企業の2017年3~8月期決算が12日までに出そろった。比較できる6社中5社で経常損益が悪化した。人手不足が続く中、人件費の高騰が利益を圧迫した。消費者の節約志向が高まりスーパーやディスカウントストアが値下げに動いたが、集客につながらない例もみられた。

「人手が足りず、夜間の運営が自力でできていない店舗もある」。マックスバリュ九州の佐々木勉社長はこぼす。同社の経常利益は前年同期比56%減の6億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り753文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン