強固な保守基盤の壁

2017/10/12 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地方でみられるのが、希望の党と立憲民主党、日本維新の会の野党3党が候補者を擁立せず、政権批判票の有力な受け皿がない構図だ。今回の選挙では全289選挙区のうち51選挙区でこれら3党の候補者がいない。共産、社民両党の候補者が出馬して与野党「一騎打ち」になっている選挙区は22あるが、ほとんどは野党が苦戦している。

強固な保守地盤が壁となり、野党の候補擁立がままならない選挙区もある。51選挙区のうち12…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]