2017年12月12日(火)

東南アジア3カ国、空でも合同警備 テロ対策で協力拡大

東南アジア
2017/10/12 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【シンガポール=中野貴司】フィリピン、インドネシア、マレーシアの3カ国は12日、比ミンダナオ島沖の海域を中心に実施している合同警備の拡大を決めた。6月に始めた海上からの警備に加え、11月からは空からも不審船の動向を監視し、過激派組織の戦闘員らが各国を行き来するのを防ぐ。比ミンダナオ島でのイスラム過激派に対する掃討作戦が大詰めを迎えるなか、テロのリスクが域内に拡散するのを防ぐ。

 3カ国の国防相は1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報