2017年12月17日(日)

セイヒョー 税引き益57%減 3~8月期

北関東・信越
2017/10/13 2:00
保存
共有
印刷
その他

 セイヒョーが12日発表した2017年3~8月期単独決算は税引き利益が前年同期比57%減の4300万円だった。最需要期の夏場に天候不順の日が続き、イチゴ味のかき氷をイメージした主力氷菓「もも太郎」などの販売が低迷した。

 売上高は同3%減の23億円。6月に主力アイス「ビバオール」を刷新した新商品「ビバリッチ」などを投入したものの、梅雨明けの遅れや台風などの天候不順の影響で、夏場の氷菓の販売が前年実績を下回った。

 18年2月期通期の業績予想も下方修正した。売上高は前期比0.5%減の38億円、税引き利益は同約3倍の3200万円を見込む。従来予想よりもそれぞれ2億円、5800万円少ない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

減益税引き利益増益セイヒョービバオールビバリッチ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報