2017年12月16日(土)

取り調べで「アホ」と大阪府警警官 33万円賠償命令

2017/10/12 18:27
保存
共有
印刷
その他

 大阪府警天満署での取り調べで「おまえなめてんのか」「逮捕されるぞ、アホ」などとどう喝され、抑うつ状態になったとして、大阪府大阪狭山市の男性(32)が府に220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(北川清裁判長)は12日、取り調べの一部が違法だとして33万円の支払いを命じた。

 問題となったのは2015年10~11月、大阪市内で自動車の窓ガラスに石がぶつけられた器物損壊事件での取り調べ。

 北川裁判長は判決理由で、男性がICレコーダーで録音した2回目の取り調べに関し、警察官2人が逮捕の可能性を示しながら罵声を浴びせて不当に威圧したと指摘。「聴取や説得の方法として合理的とはいえず、反省を促すためでも許されない」と述べた。

 男性は当初容疑を否認したが、最終的に認める供述調書へ署名。その後、起訴猶予となった。

 男性は判決後、「一方的な取り調べを改善し、公平な捜査を行ってほしい」と訴えた。府警の宮田雅博監察室長は「判決内容を精査し、対応を決めたい」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

取り調べアホ宮田雅博大阪府警



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報