/

この記事は会員限定です

長島鋳物、IoTでマンホール蓋生産を効率化

[有料会員限定]

マンホール蓋製造の長島鋳物(埼玉県川口市)は、約10億円を投じて久喜市にある工場設備を刷新した。一部工程を自動化したほか、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を取り入れ、一日の生産能力を3割増強。業務効率を高めたことで多品種少量生産に対応できるようになり、老朽化したマンホール蓋の交換需要を取り込む考えだ。

マンホール蓋の製造ではまず、デザインの基になる木型を生産ラインにセットし、木型に砂...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン