/

掛布監督退任に大義はあるか 再びユニホーム姿を

クライマックスシリーズたけなわ、日本シリーズも行われる10月はプロ野球が最も盛り上がる時期である一方、別れの季節でもある。今年も井口資仁(ロッテ)、相川亮二(巨人)、森野将彦(中日)らかつての主力選手がユニホームを脱いだ。それぞれ盛大に引退セレモニーが行われたが、選手に劣らぬ注目を集めたのが、やはり今季限りで退任した阪神・掛布雅之2軍監督だ。

9月28日、広島とのウエスタン・リーグ最終戦が行われた甲子園球場には7131人のファンが詰めかけた。2軍監督のラストゲームにこれだけのお客さんが来たケースは記憶がない。阪神の2軍戦は本拠地の鳴尾浜球場で行われるものだが、収容人員は500人。最後のユニホーム姿見たさにファンが殺到することを予想した球団が、27日の試合(観衆6805人)と併せて急きょ甲子園に舞台を移した。英断だったといえる。

掛布2軍監督のラストゲームには7131人のファンが詰めかけた=共同

私より2学年下で、現役時代は阪神と中日の中心選手としてしのぎを削った仲。親しみを込めて、本稿ではあえて「掛布」と呼ばせていただく。

指導で花開いた数々の選手

掛布は2014年に「ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター」として阪神に復帰し、16年からの2年間、2軍監督を務めた。この間の指導実績は、阪神ファンならずともご存じの方が多いだろう。今季20本塁打とブレークした中谷将大、新人ながら非凡なセンスで4番を務めた大山悠輔ら、掛布の指導の下で花開いた選手は枚挙にいとまがない。

くすぶっていた選手の再生にも手腕を発揮した。守備力は抜群ながら、打力の乏しさゆえレギュラー定着を逃してきた大和が左打ちに挑戦すると、手塩にかけて育てていっぱしのスイッチヒッターに仕立てた。同じく「守備の人」の印象が強かった俊介はスイングから力みがなくなり、プロ入り8年目で初めて打率3割をマーク(規定打席は未達)、終盤戦はリードオフマンとして打線の起爆剤になった。昨季新人王の高山俊は2年目のジンクスに泣いたが、出直しのため2軍に行くと、途端にスイングがよくなったと聞く。

ひところフリーエージェント(FA)選手や外国人の補強に頼り、一向に若い打者が育たなかった阪神にあって、近年、次々に生え抜き選手が打力を付けてきたのはひとえに掛布の指導のたまものといえる。こうも若手、中堅が伸びていくケースはそうは見ない。今後も多くの若い選手を伸ばしていってほしいと思っていたので、退任は残念でならない。

退任の理由として、金本知憲監督との考えの違いが取り沙汰されている。金本監督は、激しいトレーニングで鋼の体を築いた自身の経験をもとに、選手にがんがんやらせるタイプ。一方の掛布は選手の自主性や自覚を尊重する指導をしてきた。どちらが正しく、どちらが間違っているという話ではない。人の数だけ価値観や野球観があり、考えが異なるのは当然のこと。そこでしっかりとコミュニケーションを取れば落としどころが見つかり、同じ方向を向くことができるはずなのだが、今回はどうだったのか。

問題は、球団が2人の橋渡しをしっかりやっていたのかということだ。監督たちは1軍なら1軍、2軍なら2軍とそれぞれの持ち場を見るだけで神経をすり減らし、総体としてのチームを俯瞰(ふかん)する余裕がないことがある。そこで力を発揮すべきが球団。何か問題が起きれば話し合いの場をセットし、チームをいい方向に進めていくのが務めになるが、積極的に金本監督、掛布と3者会談に臨んだ形跡はないように思う。

事なかれ主義、今も球団に?

私が1991年の引退まで5年間在籍したころの阪神は、誰一人として経営幹部が責任を取らない球団だった。91年の途中で引退を決め、その事実を公表していいかどうかを幹部に聞いた際は、誰も答えを言ってくれなかった。本当の責任者がいない、悪いサラリーマンの典型。あれから20年以上たったが、事なかれ主義が今も球団に残っているということなのだろうか。

大勢のファンが掛布監督のユニホーム姿を目に焼き付けた=共同

1軍の首脳陣は、極端にいえばチームが勝つための指導者でいい。できあがった選手たちの集まりなので、勝利につなげる作戦面や気持ちの持ち方といった要素が重要になる。一方、2軍はまず選手を育てるところなので、指導者は特に技術を教えられる人でなければいけない。ただ教えるだけでなく、選手をやる気にさせるにはどうすればいいか、どういうタイミングで話をすればいいか、ということも考える必要がある。接し方が選手の人生を左右する点で、2軍の指導者は学校の先生と同じといえるだろう。

そうした点では62歳の掛布はよき先生であり、若手にはよきおやじのような存在でもあったのではないか。「掛布学校」で学んだ選手が次々に1軍で活躍する姿を見て、指導力の高さを理解していたからこそ、掛布のラストゲームにあれだけの数のファンが集まった。そのことを球団はどう受け止めるのか。このたびの衆議院解散には「大義がない」との声があるが、屈指の指導力と絶大な人気を兼ね備える掛布の退任こそ大義がないと思えるのだが。

ともに解説者になってから、飛行機で同じ便に乗り合わせたことがある。「もう一回、掛布にユニホームを着てほしいよ」と言うと、本人は「いえいえ」と照れ笑いを浮かべていた。「ミスタータイガース」の掛布はいずれ阪神の指揮を執るべき人材だと思っていたので、古巣の指導者になったときは本当にうれしかった。返す返すも退任はさみしい限りだ。

最後の試合で掛布は選手らによる胴上げを拒んだ。宙を舞うのは1軍の優勝監督だけ、という美学があるそうだ。掛布らしいなと思った。アドバイザーとして球団に残る話があるようだが、あれだけの指導者は今の球界を見回してもなかなか見当たらない。球団への助言役もいいが、本当にふさわしいのは選手の指南役。いつかまた縦じまのユニホームに袖を通し、今度こそ宙を舞うことを願っている。

(野球評論家)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン