2018年5月21日(月)

衆院選2017

フォローする

政権選択、公約や政策に注目を 若者向けの取り組み広がる

衆院選2017
2017/10/12 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 選挙権年齢が18歳に引き下げられて初の衆院選に向け、若い世代に各政党の公約や政策の中身をよく知ってもらおうという取り組みが広がっている。安倍晋三首相の解散表明から投票日までわずか1カ月弱。新党結成や野党の離合集散で各党の立ち位置が見えにくい。主張の違いをよく見極めたうえで1票を投じようと若者たちが立ち上がっている。

 「北朝鮮政策は圧力でなく、対話重視にします」「消費増税して保育所づくりに充てます…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

主要ジャンル速報



選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した