日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国BYD株急騰 エコカー新政策で利益独占?

2017/10/13 9:36
共有
保存
印刷
その他

 中国エコカー最大手の比亜迪(BYD)の株価が、9月10日前後を境に急上昇を続けている。香港証券取引所に上場する同社の株価は一時、80香港ドル(1香港ドルは約14円)を突破し、過去1カ月でおよそ75%も上昇した。中国のエコカー新政策が今後、BYDに有利に働くとみられているためだが、それにしてもあまりに急な値動きの背景には何があるのか。

BYD経営トップの王伝福・董事長は、中国の自動車政策決定にも強い影響力を持つ。(9月、広東省深圳市の本社)
画像の拡大

BYD経営トップの王伝福・董事長は、中国の自動車政策決定にも強い影響力を持つ。(9月、広東省深圳市の本社)

 株価上昇のきっかけは、9月9日に中国で開かれた自動車産業フォーラムでの政府高官による発言だ。英仏に追随し、中国政府も今後、ガソリン車の禁止に向けて工程表の作成に着手した事を明らかにしたからだ。

 9月11日のBYDの株価は4.6%高の49.4香港ドル。高官発言を受け、エコカーの中国最大手でエコカー向け電池でも最大手を争うポジションにつけるBYDに、さらなる“買い”が入ったのは明らかだった。

 勢いを決定付けたのは9月28日に政府から発表された環境規制「NEV規制」の導入だ。同規制は世界で最も厳しい規制とされ、中国で販売するガソリン車の販売量に応じて、各メーカーは19年から一定量の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を生産しなければ、罰せられることになる。

 もし罰金が嫌ならば、メーカー間の売買取引で「クレジット」と呼ばれる権利を購入すれば、自社で生産できなかったEVやPHVの穴埋めをして規制をクリアすることも可能。BYDの急激な株価値上がりの背景はまさにそこにある。

 BYDはもちろんガソリン車も販売するが、EVやPHVのエコカー販売も多い。そのためNEV規制をクリアできるばかりでなく、余ったクレジットを他社に売って稼くことができるのだ。

画像の拡大

 今回のNEV規制の計算式に当てはめると、BYDの場合、2016年はEVとPHV合わせて9.6万台を販売したので、ガソリン車の販売分を差し引いても、29万ポイントが余る計算になる。

 中国政府が今後整備する予定のクレジットの取引市場で、1ポイント=1万元で取引するのが妥当ともいわれる。仮に1ポイント=1万元ならばBYDが保有する29万ポイントは29億元(約500億円)に相当。業界では、NEV導入後の3年間で、BYDはクレジットの売却で少なくとも140億元を稼げるとの試算があるほどなのだ。

 中国政府は、エコカー市場で外資を排除して中国メーカーに多額の補助金を拠出し、EVなどの販売を支援して市場を独占させてきた。なのに今度は、世界で最も厳しいNEV規制を外資の反発をはねのけていきなり導入するという。

 工場建設や商品企画など十分な準備時間を取らせず、NEV規制がクリアできなければ、罰金もしくは中国メーカーから割高なクレジット購入を義務付けるというのだから驚くばかりだ。

 「この仕組みならばBYDの株価は上がって当然だろう」(中国の証券市場関係者)。これがEV革命と言われる中国の実態だ。

 自動車業界に参入したばかりのBYDに08年に出資し、大株主となったのが米著名投資家のウォーレン・バフェット氏だった。

 「なぜ、おんぼろの中国企業なんかに投資するのか」といわれて10年が経つ。こんな状況を予想していたのだろうか。バフェット氏の高笑いも聞こえてきそうな気配である。

(広州支局 中村裕)

[日経産業新聞 2017年10月13日付]

「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経産業新聞セレクションをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ちょっと紹介 明日(18日)の紙面

5G爆誕 イス取り合戦 中韓ペース
 日経産業新聞の明日(18日)の紙面を紹介。 2020年に国内で商用サービスが始まる次世代通信規格「5G」を巡り、国内外の通信機器大手が激しい受注競争を繰り広げてい…続き (10/17)

11日に米サンノゼ市の本社で新技術を採用したHDDを動かした

米WD、HDD「データ膨脹」に活路

 米ウエスタンデジタル(WD)はハードディスク駆動装置(HDD)の記憶容量を3倍にする技術を開発した。マイクロ波でデータを書き込む密度を高めた。パソコン市場の縮小などによってHDDの出荷台数は減少傾向…続き (10/17)

ブロックを組み合わせて作ったビオトープの小さな橋(東京都清瀬市の大林組技術研究所)

3Dプリンター、建材にも 大林組が橋の部材

 大林組は建設部材で使う3Dプリンター技術を発表した。これまでは建物の模型に使われる程度だったが、小さな橋の部材も作ってみせた。職人の人手不足を補う利点が考えられるが、実力のほどはどうなのだろうか。
 …続き (10/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<10/16の予定>
  • 【国内】
  • 10月のQUICK短観(8:30)
  • 10月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 9月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 8月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 3~8月期決算=東宝
  • 【海外】
  • 9月の中国消費者物価指数(CPI、10:30)
  • 9月の中国卸売物価指数(PPI、10:30)
  • 9月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 8月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 10月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 海外7~9月期決算=ネットフリックス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/17の予定>
  • 【国内】
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • ブリヂストンの中期経営計画説明会(15:00)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(3日開催分、9:30)
  • 7~9月期のニュージーランド消費者物価指数(CPI)
  • 10月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • 9月の英CPI(17:30)
  • 9月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 9月の米鉱工業生産(22:15)
  • 9月の米設備稼働率(22:15)
  • 10月の米全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 8月の対米証券投資(18日5:00)
  • 7~9月期決算=ゴールドマン・サックス、IBM、モルガン・スタンレー、ユナイテッドヘルス・グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/18の予定>
  • 【国内】
  • 国の債務管理の在り方に関する懇談会(財務省、10:00)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 桜井日銀審議委員が函館市金融経済懇談会であいさつ(10:30)
  • 清田日本取引所CEOが講演(11:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 三菱自の中期経営計画説明会(15:15)
  • 9月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 8月の対米証券投資(5:00)
  • 中国共産党大会が開幕(10:00)
  • 6~8月の英失業率(17:30)
  • 9月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • ニューヨーク連銀のダドリー総裁とダラス連銀のカプラン総裁が討議に参加(21:00)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック、19日3:00)
  • 7~9月期決算=アメリカン・エキスプレス、イーベイ
  • シンガポール、マレーシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/19の予定>
  • 9月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 鈴木日証協会長の記者会見(13:30)
  • 飯盛信託協会長が記者会見(14:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(14:30)
  • 平野全銀協会長が記者会見(16:30)
  • 9月の豪雇用統計(9:30)
  • 7~9月の中国国内総生産(GDP、11:00)
  • 9月の中国工業生産高(11:00)
  • 9月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~9月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~9月の中国不動産開発投資(11:00)
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 9月の英小売売上高(17:30)
  • 10月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 9月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 海外7~9月期決算=ベライゾン・コミュニケーションズ、トラベラーズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/20の予定>
  • 閣議
  • 8月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 9月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 9月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 黒田日銀総裁が全国信用組合大会であいさつ(15:35ごろ)
  • 4~9月期決算=東京製鉄
  • 9月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • インドが休場
  • 9月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • クリーブランド連銀メスター総裁が討議に参加(21日3:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(21日8:30)
  • 海外7~9月期決算=ゼネラル・エレクトリック(GE)、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]