/

この記事は会員限定です

パーム油にも環境認証の波 じわりコストアップに

商品部 金尾久志

[有料会員限定]

揚げ油やマーガリンのほか化粧品の原料にも使うパーム油で、環境に配慮して作られたとする認証を受けた製品の調達が増えてきた。パーム油は原料を栽培する時に熱帯林を伐採することから、環境への負荷の大きさが指摘されていた。認証品は通常のものに比べ割高だが、環境保護を重視する社会的な風潮を背景に需要家も利用に動く。日用品の製造コストの新たな上昇要因になりそうだ。

今年9月、日清食品ホールディングス(HD)はパーム油の国際的な環境認証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン