/

この記事は会員限定です

秋田の風力 地元資本で 中小などのSPC相次ぐ

[有料会員限定]

秋田県内で全額地元企業が出資する風力開発が加速してきた。中小企業6社などが出資した特別目的会社(SPC)が10月、潟上市で大規模発電所を着工する。能代市や男鹿市でも2016年に県内資本のSPCによる風力発電所が稼働した。いずれも県内地銀2行がプロジェクトファイナンスなどで支援する。風況の良さから風力開発が盛んな秋田で、地域内で経済を循環させる仕組みが整ってきた。

SPCのA-WIND ENERGY...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン