/

この記事は会員限定です

ファストリは「デス・バイ・アマゾン」に挑む

証券部 伴和砂

[有料会員限定]

日本株は11日、およそ21年前の高値水準を回復した。多くの人が思いをはせたに違いない。「21年前か…あの頃は…」と。当時、上場したての山口県のアパレル会社だったのが、ユニクロを手掛けるファーストリテイリングだ。1997年4月に東証2部に上場した時の株価は、株式分割等を考慮し再計算したベースで約572円。それがおよそ21年後の2017年10月11日には3万5090円と、60倍以上に大化けした。その...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン