2017年12月19日(火)

三好不動産、若手社員の奨学金返済を支援 月額最大2万円

働き方改革
住建・不動産
九州・沖縄
2017/10/12 1:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 三好不動産(福岡市、三好修社長)は、従業員が学生時代に借りた奨学金の返済支援を始める。入社10年目までの若手正社員に対し、賃金とは別に月額最大2万円を支給する。政府が主導する「人づくり革命」に先立ち、九州の民間企業も教育の負担軽減に向けて動き始めた。

 新卒で入社し、学生時代に貸与型の奨学金を受け取っていた正社員の返済を支援する。支給額は従業員が毎月返済する額の半分で、最大2万円。入社10年に達し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報