2018年8月19日(日)

企業型保育所2万人分増設、来年度 負担金上げへ調整

2017/10/11 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 厚生労働省と財務省は2018年度に企業主導型の保育所を増やし、最大で2万人分の保育の受け皿をつくる。安倍晋三首相は20年度末までに32万人分の追加の受け皿確保を打ち出しており、働き方改革に取り組む企業側の協力もあおぎながら、待機児童の解消につなげていく。企業から集める拠出金を増やし、約300億円を追加の保育所整備に回す。

 安倍首相は衆院選にあわせ、看板政策の「人づくり革命」に2兆円規模を投じると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報