2018年12月19日(水)

与党300議席に迫る勢い 衆院選序盤情勢
自民、単独安定多数も 希望は選挙区で苦戦

衆院選2017
2017/10/11 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社は第48回衆院選について世論調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。それによると、衆院定数465議席のうち、自民、公明両党で300議席に迫る勢いだ。自民だけでも安定多数の244議席を上回る見通しとなっている。小池百合子東京都知事が立ち上げた新党「希望の党」は選挙区で苦戦し、比例代表と合わせても70議席程度にとどまるとの結果になった。

調査は10~11日に日経リサーチが電話で実施。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

街頭演説を聞く有権者ら(11日午後、東京都目黒区)=一部画像処理しています

野党、共闘不発で伸び悩み[有料会員限定]

2017/10/11 23:00

比例代表、希望・立憲民主は上積みも[有料会員限定]

2017/10/11 23:00

改憲勢力、3分の2超える勢い[有料会員限定]

2017/10/11 23:00

衆院選 必ず行く「69%」、投票率改善も

2017/10/11 23:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報