/

この記事は会員限定です

郵船の経常黒字150億円 4~9月、コンテナ船復調

[有料会員限定]

日本郵船の2017年4~9月期は、連結経常損益が150億円程度の黒字(前年同期は236億円の赤字)になったもようだ。従来予想の145億円の黒字を上回った。世界的な景気回復でコンテナ船の荷動きが復調した。受注採算を管理するシステムの利用が現場で浸透し、数量増が利益の増加に結び付きやすくなった効果も大きい。

アジアから北米、欧州に向かう荷物が増え、積載率はほぼ満載の9割を超えた。特に欧州と中国・東南アジアを結...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン