/

この記事は会員限定です

京急、沿線の空き家対策、独居高齢者宅を将来転貸

[有料会員限定]

京浜急行電鉄は沿線の空き家対策に乗り出す。自宅が将来、空き家になる可能性がある独居高齢者の所在を把握するため、高齢者と高齢者宅への下宿希望者を仲介する事業を10月から開始。空き家を借り上げ、転貸する事業にも参入した。東京都大田区や神奈川県の三浦半島などの沿線では住民の高齢化が加速しているため、空き家への移住を促進することで沿線の活性化につなげる。

独居高齢者宅に地方出身の学生が下宿する新事業「世代間ホームシェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り753文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン