2019年5月24日(金)

患者情報59万人流出か 診療予約システムから

2017/10/11 20:00
保存
共有
印刷
その他

北海道を地盤とする医薬品卸・医療機器卸のほくやく・竹山ホールディングスは11日、子会社のアドウイック(札幌市)が提供する医療機関向け診察予約システムのサーバーが不正アクセスされ、患者の個人情報59万7452人分が流出した可能性があると発表した。

この予約システムは、全国82の医療機関が利用。北海道内が66施設、大阪や京都、広島など2府6県の医療機関も導入している。流出した恐れがあるのは昨年7月6日以降に同システムに登録した患者の氏名や電話番号、メールアドレス、予約した医療機関名と日時、診察券番号。

5日から9日にかけて欧州からの不法侵入があったという。10日の定期点検の際に発覚し、問題のアクセスを遮断した。翌11日には海外からのアクセスを全て遮断した。情報が流出した可能性のある患者へはメールで連絡する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報