ライオンなど、AI搭載の洗面鏡開発、オーラルケア商品の販促に活用

2017/10/12 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ライオンとデジタルマーケティングサービスのアイ・エム・ジェイ(IMJ、東京・目黒)は、人工知能(AI)を備えた洗面鏡を開発した。鏡を見ながらAIと会話することで、オーラル(口内)ケアに関する知識や商品情報を得られる。今後、公共施設や歯科医院などへの設置を働きかけ、主力の歯磨き粉や歯ブラシの販促につなげる。

背面にタブレット端末をはめ込んだ洗面鏡、スピーカー、マイクなどで構成する。AIは米IBMの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]