福岡のフィンテックベンチャー マレーシアに拠点

2017/10/12 1:59
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 フィンテックベンチャーのチェーントープ(福岡県飯塚市、正田英樹社長)は年内にも、仮想通貨などの基盤技術となるブロックチェーン(分散台帳)の開発拠点をマレーシアに開く。現地法人を通じて、世界中から有力なフィンテックベンチャーを誘致。オープンイノベーションを活用し、新たな金融サービスの開発を目指す。

 マレーシアのクアラルンプール市内に「ブロックチェーン・イノベーション・ラボ」を立ち上げる。拠点には有…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 18:56
15:30
信越 2:00
2:00
東海 18:55
18:14
北陸 2:00
2:00
関西 17:00
12:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
19:36
19:08更新

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報