/

香港、法人税率8.25%に半減へ 課税所得2800万円まで

【香港=粟井康夫】香港政府の林鄭月娥行政長官は11日、就任後初の施政方針演説で、法人税に軽減税率を導入すると発表した。すべての企業を対象に課税対象所得200万香港ドル(約2800万円)までの税率を8.25%と、通常の税率(16.5%)に比べて半減する。中小企業やスタートアップを振興・育成し、経済の競争力を高めるのが狙い。

大手企業が会社を分割して軽減税率を乱用するのを防ぐため、適用対象はグループ内で1社に限定する。

林鄭長官は過去の財政黒字で積み上がった1兆香港ドルを超える準備金について「社会に賢く還元すべきだ」と強調、積極財政路線への転換を宣言した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン