2018年9月19日(水)

9/19 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反発で184ドル高 海外株上昇で安心感、米中摩擦の懸念広がらず
  2. 2位: ヤフー、米アルタバからの卒業で広がる投資家の目[有料会員限定]
  3. 3位: 年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場[有料会員限定]
  4. 4位: NY商品 原油が反発、サウジが価格上昇を容認と伝わる 金は反落
  5. 5位: 米株、脱「貿易戦争」は本物か[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,629,089億円
  • 東証2部 97,045億円
  • ジャスダック 100,999億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.70倍15.01倍
株式益回り6.80%6.66%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,743.65 +323.11
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,630 +350

[PR]

マーケットニュース

フォローする

東芝株、東証が「特設注意」解除へ

2017/10/11 14:15
保存
共有
印刷
その他

 東京証券取引所は11日、東芝株について、内部管理体制に問題のある「特設注意市場(特注)銘柄」の指定を解除する方針を固めた。不正会計問題を受けた2015年9月の指定から約2年を経て解除を決めた。東芝が17年3月に出した再発防止策や聞き取り調査などを基に審査を進め「内部管理体制は改善した」と判断。東芝は上場維持に向けて一歩前進する。

 東証が審査を委託する日本取引所自主規制法人が11日、臨時の理事会を開き、東芝の特注銘柄指定解除を決めた。自主規制法人は昨年12月、東芝の内部管理体制について「(改善に向けた)さらなる取り組みが必要」として、解除を見送った。その後も改善が認められなければ、東芝株は上場廃止になる恐れがあった。

 東芝の内部管理体制について、自主規制法人は「改善した」と判断した。審査における焦点の一つは財務状況の報告体制だった。17年4~6月期の四半期報告書は「限定付き」ながら監査法人の適正意見を得て、法律で定められた期日までに提出。過去に提出の遅延を繰り返した状況から改善が認められた。

 問題の多かった子会社・関連会社の管理についても一定の改善を確認できた。米原発事業子会社を巡っては、旧経営陣が従業員に過度な圧力をかけていた問題が発覚した。東芝は問題を起こしたトップを解任。3月に最終的にこの子会社の破綻処理を実施し、親会社にさらなる損失が発生するリスクを抑えた。

 東芝の上場維持を巡り、残る課題は債務超過の解消となる。東証の上場ルールでは2期連続の債務超過で上場廃止。東芝は半導体メモリー売却で得る資金で資本を増強する考えだ。世界各国の当局による審査に時間かかり、債務超過の解消が18年3月末に間に合わなければ上場廃止となる。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム