2017年12月12日(火)

NY株、3営業日ぶり最高値 ウォルマートがけん引

北米
2017/10/11 14:49
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=山下晃】10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発した。前日比69ドル61セント(0.3%)高い2万2830ドル68セントで取引を終え、3営業日ぶりに過去最高値を更新した。ダウ平均の採用銘柄であるウォルマート・ストアーズ株が4%強の大幅高となり、指数をけん引した。

 ウォルマートは同日、インターネット通販の強化と総額200億ドル(約2兆2500億円)の自社株買いの計画を発表。これが好感され、この日のダウ平均を24ドル分押し上げる上昇となった。

 主要産油国のサウジアラビアが原油輸出量を引き下げると明らかにし、原油先物相場が上昇。資源関連株も買いが優勢となった。原油先物の指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近物は前日比1.34ドル高い1バレル50.92ドルで取引を終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報