将棋王座戦第4局 角換わりの乱戦に

2017/10/11 14:00
保存
共有
印刷
その他

羽生善治王座(47、棋聖)に中村太地六段(29)が挑戦する第65期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)五番勝負の第4局が11日朝、横浜市の横浜ロイヤルパークホテルで始まった。1勝2敗でカド番の羽生王座がタイに戻して最終局にもつれ込むか、中村六段が念願の初タイトルを獲得するか注目される。羽生王座の先手番で、持ち時間は各5時間。

王座戦第4局は羽生善治王座の先手で始まった。右は挑戦者の中村太地六段(11日午前、横浜市)

(図は△4五銀まで)

午前9時、立会人の藤井猛九段の合図で対局が始まった。この日の将棋は第3局に続き、両対局者が得意とする角換わり戦法の出だしとなった。

先手の腰掛け銀に後手は早繰り銀で対抗。乱戦調の将棋となり、途中まで前例のある順で進んだ。34手目3五歩が「中村六段が周到に用意した手」(解説の村山慈明七段)で前例を離れ、未知の戦いに突入。午前中に早くも駒が激しくぶつかり合う展開になり、「このまま互いに一歩も引かない攻め合いとなりそうだ」と村山七段は話している。

【指し手】▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲7八金△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同 銀△2二銀▲3八銀△6二銀▲4六歩△4二玉▲3六歩△7四歩▲3七桂△7三銀▲2五歩△3三銀▲4七銀△6四銀▲4八金△5二金▲5六銀△7五歩▲同 歩△同 銀▲2四歩△同 歩▲2五歩△3五歩▲2四歩△2二歩▲4五桂△4四銀▲3五歩△8六歩▲同 歩△同 銀▲同 銀△4五銀

対局の模様は「将棋王座戦中継サイト」(http://live.shogi.or.jp/ouza/)でライブ中継しています。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]