/

83歳男性の車、線路内1キロ走行 北海道・白老

10日午後10時ごろ、北海道白老町のJR室蘭線萩野―白老間で、釧路市の無職男性(83)の乗用車が踏切から線路内に進入した。誤って入ったとみられ、そのまま白老駅を通過、計約1.2キロ走った先の踏切で立ち往生した。列車との衝突はなく、けが人もなかった。

苫小牧署によると、男性は「道路と勘違いした」という趣旨の説明をしている。線路に進入後、次の踏切で道路に戻ろうとして立ち往生したといい、通り掛かった女性が見つけて110番した。

JR北海道によると、貨物列車が車の後方を走っていたが、女性が踏切の非常ボタンを押したのを検知し、同駅で停止して無事だった。

この影響で、函館と札幌を結ぶ特急など3本が最大約2時間50分遅れ、普通列車2本が運休した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン