/

この記事は会員限定です

神戸の湾岸道に展望施設 知事構想、事業費50億円想定

[有料会員限定]

兵庫県の井戸敏三知事は10日、日本経済新聞社の取材に応じ、神戸市臨海部に建設予定の大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北―長田区駒栄)に展望施設を設ける構想を明らかにした。事業費は50億円を想定している。

展望施設の狙いについて井戸知事は「海側から神戸の景観や夜景を見られなかったが、高速道路ができれば大都市や六甲山、港が一望できる世界でもまれなビューポイントになる」と強調した。当初は歩道や自転車道を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン