/

この記事は会員限定です

大阪10区 3極の象徴区、激しく争う

[有料会員限定]

10日公示された衆院選で大阪府内は与党の自民、公明両党に、希望の党が選挙協力する日本維新の会のほか、立憲民主党などが挑む3極の構図となった。象徴区の一つが、自民、維新、立憲民主が激しく競り合う大阪10区(高槻市など)。舌戦をスタートさせた前職3人はそれぞれの政策をアピールし、支持拡大を訴えた。

同日夕方、JR摂津富田駅前でマイクを握った立憲民主の辻元清美氏(57)は、「議論もせずに衆議院を解散する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン