/

この記事は会員限定です

三江線、廃線まで半年 6社が代替バス、乗客増が課題

[有料会員限定]

バスを運営する各社が鉄道よりも沿線住民に寄り添い、利便性を高めれば乗客を増やせる可能性はある。

三江線の代替路線となる備北交通の作木線。一部は乗客がどこでも乗降可能なフリーバス区間だ。降車ボタンも押さず、降車場所を運転手に伝えれば、バス停がなくてもドアが開く。バスをよく使う高齢女性の自宅前では言葉がなくても停車するほどの定着ぶりだ。定時性と利用者の要望を両立する。

備北交通は作木線に低床で31人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン