/

この記事は会員限定です

ヤマトHD、「幻の構想」が示すロボット宅配の難題

証券部 大酒丈典

[有料会員限定]

ヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスが9月末、大胆な投資計画を打ち出した。今後3年間の中期経営計画で、人工知能(AI)やロボットなど先端技術に500億円を投じる。2018年3月期の連結営業利益の2倍に達する金額だ。先端技術を駆使して人手不足を軽減する未来図を描くが、技術的なハードルもあり、市場はまだ半信半疑だ。

今から2年前の2015年。筆者が当時、ヤマト運輸の社長就任が決まっていた長尾裕常務執行役員にインタビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン