/

この記事は会員限定です

酒造り IoTで品質安定 「梵」の加藤吉平商店 熟成や発酵

[有料会員限定]

清酒「梵(ぼん)」の蔵元、加藤吉平商店(福井県鯖江市)は7億円を投じ、あらゆるものがネットにつながる「IoT」による熟成技術を酒造りに取り入れた。貯蔵タンク内の酒の温度や、貯蔵庫内部の湿度などをリアルタイムで測定し、自動的に調整する。これにより安定した品質、味の酒を生産でき、経営の効率化につなげる。

鯖江市の本社敷地内に、IoT貯蔵庫「天空蔵」を4棟整備した。貯蔵タンク内に取り付けたセンサーが上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン