米エヌビディア、完全自動運転車の「頭脳」供給 18年後半に
新開発基盤、18年後半に

2017/10/10 19:10
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米エヌビディアは10日、完全自動運転車を作るための開発基盤(プラットフォーム)を2018年後半から供給すると発表した。自動運転車の「頭脳」にあたるもので、これまで自動車メーカーに提供してきた製品の10倍の処理能力がある。運転手なしで走る「ロボットタクシー」の開発にも役立つという。

ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)が10日に欧州で開いた開発者向けイベントで明らかにした。価格や出荷数量は明らかにしていない。

供給を始めるのはGPU(画像処理半導体)を搭載したコンピューターで、人工知能(AI)を使って車載カメラやレーダーから集めたデータを処理する。1秒間に320兆の信号処理が可能で、車がいる位置や人などの障害物をより正確に把握できるようになる。

エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手が自動運転車の研究に使っており、「レベル5」と呼ばれる完全自動運転の技術開発に弾みがつく可能性がある。

エヌビディアによると、トヨタ自動車や独アウディといった大手も含めて225社が同社のプラットフォームを使って自動運転技術の開発を進めている。25社以上がロボットタクシーの研究に取り組んでいるという。

エヌビディアはゲームの映像をなめらかに動かすGPUで成長した半導体メーカー。大容量のデータを高速処理する技術を応用できるとみて、最近では自動運転分野で攻勢をかけている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]