農業ベンチャーに出資、住商など

2017/10/10 18:46
共有
保存
印刷
その他

 住友商事や産業革新機構、全国農業協同組合連合会(JA)など6社は農業ベンチャー、ナイルワークス(東京・渋谷)に出資する。ナイルワークスは高精度で飛行するドローンの技術などを持っている。農業人口が高齢化するなか、住商はベンチャーと連携してあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用した農業支援を拡大する。

 6社で計8億円を出資する。ナイルワークスのドローンは肥料を散布しながらセンチメートル単位の制度で完全自動飛行できるほか、作物の生育状態もドローンを通じて診断することができる。まずは2018年5月から農家向けに15台のドローンの試験販売を始める。ドローン1台の価格は350万円前後を想定している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 18:56
15:30
信越 2:00
2:00
東海 18:55
18:14
北陸 2:00
2:00
関西 17:00
12:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
19:36
19:08更新

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報