/

JR北、新幹線の札幌ホーム、地下駅案を再検討

2030年度に開業予定のJR札幌駅の新幹線ホームの位置を巡り、地下にホームをつくる「地下駅案」が再浮上した。JR北海道と建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構が10日に公表したもので、現在の駅にホームを設ける機構案と、駅東側に設けるJR北案はいずれも課題が多いと判断。一時対象から外れた地下駅案を再検討する。

JR北と機構は10日、北海道の山谷吉宏副知事と札幌市の吉岡亨副市長に、地下駅案を含めた検討状況を報告した。同日の共同記者会見で、機構の小島滋副理事長は「(地下駅案の具体的な場所は)地下鉄の乗り換えにも近いことから北5条が候補になりやすい」との考えを示した。

地下駅案では札幌駅ホームから離れた場所になり、工事費も現在の駅につくる機構案よりかさむとみられる。ただ、JR北と機構の案では工事中に在来線の運行に影響が及ぶ。地下鉄東豊線の下に駅を設ける地下駅案なら、新幹線は小樽市からトンネルに入り地上に出ずに到着するため、在来線への影響は少なくなる。

JR北の西野史尚副社長は「利便性に加えてまちづくり全体の中でどうあるべきかを総合的に勘案してどの位置が望ましいのか議論を重ねる」との考えを示した。

工事費がかかるため検討課題から外れた地下駅案だが、今後は候補地の地下構造物などを調べて工事費を算出。従来の2案とともに第3の選択肢となり得るか検討を進める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン