/

この記事は会員限定です

ソフトバンク系、農作業を一部自動化

エリクソンらと共同開発

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ傘下のPSソリューションズ(東京・港)はデータ分析技術を使って、農作業の一部を自動化するサービスを開発した。植物の種類や温度などの環境に応じ、ビニールハウスの換気扇を開閉したり、水をまいたりして農作物が生育しやすい環境を整える。2018年度中にも商用化する予定で、農家の負担を軽減し収量のアップにつなげる。

通信機器大手のエリクソン・ジャパン(東京・港)と制御技術を手がけるCKD(愛知県小牧市)と共同で開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン