2017年12月17日(日)

プーチン外交誤算続き シリア・ウクライナ、出口に苦慮
 モスクワ支局 古川英治

コラム(国際・アジア)
ヨーロッパ
2017/10/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ウクライナ領クリミア半島の併合、シリアへの軍事介入と、武力行使を辞さない強硬策で米欧を圧倒してきたロシアのプーチン政権に誤算が目立ってきた。軍事介入は泥沼化の懸念を抱え、トランプ米政権に期待した米国との関係改善も遠のいた。「大国」を誇示する政権の内情は見かけほど穏やかではない。

シリア介入、国民の半数「やめるべきだ」

 「ロシア国民の半分はシリアへの介入の停止を求めている」。独立系レバダセンターが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報