VentureBeat

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ホールフーズ買収は序章 アマゾンがAIで販路改革

2017/10/12 6:30
共有
保存
印刷
その他

VentureBeat

 米アマゾン・ドット・コムは食品スーパーの未来について壮大なプランを持っている。同社が米食品スーパーのホールフーズ・マーケットを買収したのは、消費者の食品の買い方をネット通販においても変える準備を進めている証拠だ。最近始めたコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」のように、将来はホールフーズやアマゾンのサービス全般に人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」が導入されるだろう。

 アマゾンが目標にしているとみられる完全無人スーパーでは、同社の得意技である「実店舗のみだった商取引のデジタル化」が活用されている。アマゾンが食品スーパーのイノベーション(技術革新)を進めるのなら、この分野の可能性は無限に広がりそうだ。

ホールフーズ・マーケットの店舗外観
画像の拡大

ホールフーズ・マーケットの店舗外観

■AIとIoTの融合

 アマゾン・ゴーではIoTセンサーとバックエンド技術を使い、貴重な顧客データを大量に生み出す。このデータを処理し、有効活用するにはAIが必要になる。AIのアルゴリズムはデータを検索し、一般的な消費者が牛乳1パックをどのくらいで飲み終えるかといった知見を引き出す。天候で消費者の行動がどれくらい変わるかといった曖昧な洞察も可能だ。こうした知見に基づき、アマゾンはボットなどの自動システムを使って顧客にもっと効果的なサービスを提供できるようになる。

 「アレクサ(音声アシスタント)」「エコー(AIスピーカー)」「ダッシュ(食品などを注文できる小型端末)」といったアマゾンの家庭用IoT製品とも緊密に連携するだろう。アマゾンが確立したエコシステム(生態系)はますます拡大しており、今回の買収でも有効活用される。アレクサにおいしいパスタ料理のレシピを尋ねると、アレクサのAIはこの情報を保存する。こうしてスマートホーム機器はホールフーズの商品の販路になる。アマゾンは今回の買収をきっかけに、AIで個人や集団の行動の理解を深める他のハイテク販路への投資を進めるだろう。

■商品に基づく知見

 AIを使えば生鮮食品の新たなサービスや収益源も開拓できる。AIを生かした興味深いサービスの一つは、生産地や輸送時間、配送温度など、購入した食品のより詳細な履歴の提供だ。

 こうした問いに答えることは、健康志向が強い買い物客にとってメリットになる上に、アマゾンにとってさらに価値がある。AIが賞味期限を弾力的に定めたり、買い物客の履歴に応じて商品の価格を決めたりできるようになるからだ。賞味期限が近づけば価格を変えることもできる。

■顧客の行動を追跡

 AIの導入で顧客の行動も追跡できるようになる。これは既にポイントカードで実施されているが、データ収集のプロセスが大きく変わる可能性がある。さらに、正確な追跡により、ビーコンや仮想フェンス(境界)を設定する「ジオフェンス」、画像認識などのIoT技術を使って店内や店の近くにいる顧客に個別のオススメ情報を提供できるようになる。

 様々な外部データを駆使して実店舗が完全にネットにつながるなか、ライバルも生き残りをかけた技術革新を迫られる。2~3年後には、食品スーパーでのIoT機器やデータ収集、ボット活用、データ分析はますます盛んになるだろう。

■食品購入の未来

 アマゾンは様々な業界を根底から覆してきた。書籍から始まってクラウドサービスに移り、今度は食品購入の未来を変えようとしている。同社が変革した業界の大半は、実店舗しかない分野だった。だが、今後はあらゆる業界でデジタルとリアルの融合が進むだろう。

 これは始まりにすぎない。AIはIoT機器で集めたデータを使って進化を促し、ビジネス手法や働き方、暮らしぶりを変える。業界は瞬く間に激変するだろう。アマゾンのホールフーズ買収は最新の一例にすぎない。

By Phis Dawsey (法人向けIoTプラットフォーム、米インフィスイフトのマーケティング部門トップ)

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

VentureBeatをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ


【PR】

VentureBeat 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

(C)conejota/Shutterstock

conejota/Shutterstock

仮想通貨でもマネーロンダリング対策はできる

 イスラエルの地方裁判所はこのほど、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の取引を主に手掛ける企業に金融サービスを提供する義務は銀行にはないとする判決を下した。中央銀行やイスラエル証券庁、マネーロンダ…続き (10/13)

ホールフーズ・マーケットの店舗外観

Francisco Antunes

ホールフーズ買収は序章 アマゾンがAIで販路改革

 米アマゾン・ドット・コムは食品スーパーの未来について壮大なプランを持っている。同社が米食品スーパーのホールフーズ・マーケットを買収したのは、消費者の食品の買い方をネット通販においても変える準備を進め…続き (10/12)

創業者のジェームス・ダイソン氏

Dyson

前途多難なダイソンのEV、こうすれば成功する

 英家電大手ダイソンの創業者ジェームズ・ダイソン氏は1993年、初の2層サイクロン式掃除機を発売した。ゴミとほこりの粒子を遠心分離してサイクロンに集めるというのは、大きな技術革新だった。ダイソンの掃除…続き (10/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月18日(水)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月18日付

2017年10月18日付

・百度の日本法人、部屋の壁に動画投映するAI照明 来夏に国内販売
・ソニーモバイル、筒型ロボット発売へ 家族の一員に
・楽しい運転、脳波で測る 産総研
・GMO ビットコイン採掘に100億円 独自半導体で中国勢に挑む
・三菱ふそう、トラックの機能をスマホで操作 車両データも遠隔確認…続き

[PR]

関連媒体サイト