/

この記事は会員限定です

「銀行を信じられなくなった」

タレントで経営者、みのもんた氏が語る金融危機

[有料会員限定]

タレントのみのもんた氏(73)には、経営者としての顔がある。水道メーター製造「ニッコク」の社長を務め、テレビ番組に出演するかたわら、月曜と土曜は東京・六本木の本社で勤務する。司会者と実業家の「二足のわらじ」を履くみの氏に20年前の金融危機から得た教訓などを聞いた。

――当時のことを教えて下さい。

「1997年秋は芸能の仕事で忙しかった。山一証券の破綻を昼の情報番組で取り上げた時は『何で日本政府は金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン