2017年12月13日(水)

経常黒字2.3兆円、8月で最高 海外からの配当金増

経済
2017/10/10 10:40
保存
共有
印刷
その他

 財務省が10日発表した8月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引状況を表す経常収支は2兆3804億円の黒字だった。前年同月に比べて20.8%増え、8月としては過去最高の黒字額だった。日本企業が海外子会社から受け取る配当金が増えたほか、輸出が好調で貿易収支の黒字額が拡大した。

 経常収支の黒字は38カ月連続。海外からの配当金や投資収益にあたる「第1次所得収支」は13.0%増の2兆2385億円の黒字で、8月としては最高だった。このうち企業が海外子会社から受け取る配当金などの「直接投資収益」の黒字額が34.8%増の7888億円だった。1年前と比べて円相場が対ドルで8.5%下がり、ドル建ての配当金の円換算額が伸びやすかった。

 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支が3187億の黒字で、前年に比べて46.2%増えた。輸入額・輸出額ともに前年を上回ったが輸出の伸びが輸入の伸びを上回った。輸出はアジアや米国向けが好調で、品目では自動車や半導体などが増えた。

 輸送や旅行、金融といったサービス取引の収支を示すサービス収支は202億円の黒字だった。黒字は3カ月ぶり。知的財産権使用料の受け取りが増えた。旅行収支は927億円の黒字で、8月として最高だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

経常黒字黒字



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報