北朝鮮、党創建記念日迎える 各国は挑発行為を警戒

2017/10/10 11:09
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建72年の記念日を迎えた。北朝鮮がこうした節目に合わせて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射などの挑発行為に出る恐れがあり、日米韓の関係当局は警戒を続けている。

朝鮮労働党創建記念日を迎え、万寿台の丘で敬礼する軍人ら(10日、平壌)=共同

朝鮮労働党創建記念日を迎え、万寿台の丘で敬礼する軍人ら(10日、平壌)=共同

10日朝時点で、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したなどの情報はない。ただ過去には日中や夜にミサイル発射などの挑発を行ったケースもある。韓国国防省の関係者は10日午前、韓国軍について「北朝鮮の動向を綿密に監視し、万全の態勢を敷いている」と述べた。

9日付の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は論評で、トランプ米大統領が国連演説で北朝鮮の「完全破壊」に言及したことを改めて非難した。米国が戦略爆撃機や原子力空母など「核戦争殺人装備」を相次いで朝鮮半島周辺に投入し、「戦争演習」を繰り広げていると主張した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]