2019年6月25日(火)

日本版GPS衛星打ち上げ成功、本格運用へ4基体制

2017/10/10 10:16
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、準天頂衛星「みちびき」4号機をH2Aロケット36号機に搭載し、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。打ち上げは成功し、衛星は予定の軌道に乗った。2018年度から日本版の全地球測位システム(GPS)サービスを本格運用する前提となるみちびきの4基体制が整った。

みちびき4号機を載せ、打ち上げられるH2Aロケット36号機=10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センター=共同

みちびき4号機を載せ、打ち上げられるH2Aロケット36号機=10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センター=共同

みちびきは4基のいずれかが常にアジア地域の上空を飛び、正確なデータを24時間活用できるようになる。種子島宇宙センターで記者会見した内閣府の高田修三宇宙開発戦略推進事務局長は「正確な信号を提供できる仕組みをアジアの方々に使ってほしい」と述べた。

米国が運用するGPSや地上設備を併用すれば、位置情報の誤差は現在の約10メートルから6センチメートル程度に小さくなる見通しだ。政府はみちびきを23年度には7基体制に増強し、現在のGPSの機能を補完したり、建設機械の制御や災害時の安否確認などに活用したりして利便性を高める。

H2Aロケットの打ち上げ成功は30回連続となり、成功率も97.2%に上昇した。林芳正文科相は「(H2Bなどを含む)基幹ロケットとしては38基連続の成功。着実に信頼性を向上させている」とコメントした。

三菱重工とJAXAは20年度に新型ロケット「H3」を投入する計画。日本は価格面で劣勢に立っており、強みといえる打ち上げの確実性は維持しておきたいところだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報