/

中途採用の求人倍率2.36倍 9月 民間調べ

人材紹介大手のパーソルキャリア(東京・千代田)が10日発表した9月の中途採用の求人倍率は前月に比べて0.08ポイント低い2.36倍だった。サービスや医療の求人が大きく減った。下半期に向けた採用計画の見直しもあり、2カ月ぶりに前月比で低下した。

求人数は同2%減り、34カ月ぶりに前月を下回った。業種別ではサービスが7.4%減った。人材サービスや不動産が営業の求人を減らした。医療分野も営業の求人が大きく落ち込み3.7%減少した。広告などのメディアやメーカーは技術職を中心に求人が多く、ともに前月を上回った。

職種別の求人は営業系が9.7%減った。医療分野の技術系も4.1%減少した。パーソルキャリアが運営する転職サイトDODAの大浦征也編集長は「事務系の求人は引き続き活発で、減少は一時的なもの」と指摘。「年末にかけて求人数は増える」と予想する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン