2017年12月18日(月)

使途変更か凍結か 消費増税「3党合意」の終えん
 編集委員 清水真人

政治アカデメイア
コラム(経済・政治)
2017/10/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 自民、公明、旧民主3党が消費税率10%までの増税と社会保障の一体改革で合意したのは2012年だった。選挙の争点から消えたはずだった消費税が、この衆院選で再浮上してきた。自公両党は19年10月に税率を10%に上げる際に増収分の使途を変更し、財政赤字の抑制分を減らして教育無償化に回す新路線を打ち出した。野党はそろって増税の凍結・中止を公約する。3党合意は完全な終えんを迎えた。

首相、5月に「柔軟な発

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報