アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

金正恩氏「核武力建設の完遂」指示 党中央委総会

2017/10/8 15:41
共有
保存
印刷
その他

 【ソウル=鈴木壮太郎】8日の北朝鮮の朝鮮中央通信によると、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は7日に平壌で開かれた朝鮮労働党中央委員会総会で報告し、「党が経済建設と核武力建設の並進路線を進めてきたことは正しかった」と自賛した。そのうえで「核武力建設の完遂」を指示した。

北朝鮮の労働新聞が8日掲載した、朝鮮労働党中央委員会総会で報告を行う金正恩党委員長の写真=コリアメディア提供・共同

北朝鮮の労働新聞が8日掲載した、朝鮮労働党中央委員会総会で報告を行う金正恩党委員長の写真=コリアメディア提供・共同

 中央委総会の開催は2016年5月以来。金正恩氏は核武装を「米国の核脅威から祖国の運命と自主権を守る抑止力」とした。国際社会が制裁を強める中でも「科学技術が飛躍的に発展し、経済成長している」と評価した。

 7日付の人事では、金正恩氏の妹の金与正(キム・ヨジョン)党宣伝扇動部副部長が党中央委の政治局員候補に新たに選ばれた。与正氏は軍事パレードなどの重要行事で正恩氏に寄り添う姿がみられ、正恩氏の信頼が厚いとされる。今回の人事で、党の要職である政治局に名を連ねた。

 人事ではこのほか、崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長が党中央軍事委員や党部長に選出された。金正恩体制下での役割を高めたとの観測がある。今回の人事の規模は大きいとされ、韓国の聯合ニュースは金正恩氏が亡父の金正日(キム・ジョンイル)総書記体制からの世代交代を断行したとの専門家の見方を伝えた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]