/

神鋼が品質データ改ざん、200社に出荷 会見で陳謝

神戸製鋼所は8日、強度や耐久性など顧客が求める品質基準を満たしていない部品を出荷していたと発表した。品質のデータを改ざんしており、出荷先は航空機関連メーカーや自動車メーカーなど約200社に及ぶという。改ざんには管理職もかかわっており、不正は組織ぐるみだった可能性がある。

記者会見で頭を下げる神戸製鋼所の梅原副社長(左)=8日午後、東京都港区

品質検査に関する証明書のデータを改ざんしていたのは、昨年9月から今年8月まで大安工場(三重県いなべ市)や真岡製造所(栃木県真岡市)など神鋼グループの4事業所で製造されていた部品。内訳はアルミ製品が1万9300トン、銅製品2200トン、アルミ鍛造品が19400個。出荷先のメーカー名は明らかにしていない。

同日会見した梅原尚人副社長は「深くお詫び申し上げ反省している」と陳謝したうえで、「不適合製品の安全性に疑いを生じさせる問題は起きていない」と述べた。業績への影響は現時点では不明という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン